HOME > music > Reniala
おやすみなさい 〜みどり色の音に包まれて〜

おやすみなさい 〜みどり色の音に包まれて〜

ミュージシャン Yoshimi
ファイル形式 MP3
容量 17.9MB(3曲)
時間 1.田んぼの夜は更けて : 3'43"
  2.一緒に歩こう : 4'23"
  3.森林の声 The Voice of The Forest : 5'10"

過去の作品の中から、みどり色の空間を感じる三曲を選んでみました。
おいしいお米や空気の他にも、目に見えないエネルギーを与えてくれている、みどり。
そこから収穫した音たちです。

おやすみなさい

1.田んぼの夜は更けて ⇒ 試聴版ダウンロード(705KB)
春先に引っ越してきた場所に、小さな田んぼがありました。
夜になってあたりが静まりかえると、「待ってました」とばかりにカエルの大合唱。
なんとも言えない長閑な気分になって、自然と、この曲が生まれました。

2.一緒に歩こう ⇒ 試聴版ダウンロード(717KB)
「お互いの生き方や存在を尊重し、生かし合える距離を保ちながら共に歩んでいけたら」
という想いから生まれた曲です。そんな生き方をしていけぱ、自然との共生の道も少しずつ見えてくるのではないかなぁと。調和と平和を表す緑色のイメージで。

3.森林の声 ⇒ 試聴版ダウンロード(705KB)
森の中に静かにたたずんで、じっと耳を澄ましていたら、木々たちのこんな声が聞こえてくるよ うな気がします。自然をどうするかではなくて、自然はどう在りたいのかを感じ取れるような感性を持ち続けたい、磨き続けたいという想いを込めて。

ダウンロードおやすみなさい
〜みどりの音に包まれて〜
300円
【 EOLへの寄付額:90円 】

このコンテンツを読むには、別に音楽再生ソフトが必要です。
WindowsMediaPlayerダウンロードはこちらからどうぞ。WindowsMediaPlayer

お客様の声

懐かしく、やさしい気持ちにさせてくれる音ですね。 (京都市 Mさん)

「田んぼの夜は更けて」はまさに、のどかな風景が浮かんでくるようで安らいだ気持ちになりました。(大阪府 Tさん)

アーティストプロフィール

■ アーティスト Yoshimi(佐藤芳美)
■ 略歴

・10才からピアノを7年間、15才からクラシックギターを5年間、23才から歌を3年半学ぶ。
・1974年、女性5人でバンド活動を始める。エレキギター担当。
・1976年から1983年に渡り、ヤマハ Pop Con 東北大会・全国大会、ロックジャム等に出場。入賞、川上賞などを受賞。
・1978年と1979年の1月9日、それまで抱いていた素朴な疑問に対する答えのようなものが心に浮かび、「年齢、性別、国境を越えて聴いてもらえるもの、制作に何年かかっても、長く聴いてもらえるものを作品として残したい」と思い始める。
・1987年 5月、自分の中にあった想いが初めて音になり、シンセサイザーを使って自然や宇宙をテーマに曲を作り始める。
・1992年 12月、長年の持病治療のため渡米。アメリカに滞在中、11曲の演奏データを作り、サロンコンサートを開く。
・1993年 12月、帰国後、CDアルバム『宇宙から魂へ』を自主制作。
・1994年、エドガー・ケイシーの紹介用ビデオに「森林の声」が使用される。5月 知人からの依頼で、東京でミニコンサートを開く。
・1995年 5月、地方紙にCDの記事が掲載され、TBS テレビ 『生きる』等に出演。
・1996年 7月、NHKテレビ・宮沢賢治『遥かなる旅人への賛歌』に「太陽と少年」が使用される。
10月、CD アルバム『この星に生まれ』を自主制作。
11月、仙台市天文台のCDコンサートにて紹介される。
・1999年 6月、宮城県 県庁主催 県民ロビーコンサートにて演奏。
・1999年12月〜2005年9月、webサイトを開設し、エッセイ、音楽、写真、イラスト等を紹介。
・2000年10月 仙台市こども宇宙館 ほしぞら朗読会・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』にて、二枚のアルバムから数曲使用される。
・2002年 1月 CD アルバム『2002年 睦月』を自主制作。
・2004年 5月 宮城学院同窓会設立110周年ホームカミングデーにて演奏。

■ 活動 2005年頃から電磁波に過敏になり、シンセサイザーやパソコンの使用を控え、歌やイラストやスケッチ等、勉強中。
今年の目標、「エコロジー・カードゲーム」制作。
■ 作品:
From Space To Spirit この星に生まれ 2002年 睦月
『From Space To Spirit』 『この星に生まれ』 『2002年 睦月』
■ 紹介サイト: http://www.asahi-net.or.jp/~sx9y-stu/index.html